自治会活動 
執行部員が中心となって、行事や集会を行います。
あいさつ活動・奉仕活動・施設ボランティアなどの取り組みも行っています。
 
【役員選挙・投票】
 
選挙をして役員を決めます。立候補者は、選挙活動をしたりします。 
 選挙で選ばれた生徒には任命証が手渡され、役員としての仕事がスタートします。
  
執行部会】
 
何でもボックス(舎生からの意見箱)への投書を基に、よりよい寄宿舎生活へ向けての話し合いをします。 

 ※何でもボックスとは?
 寄宿舎生活に関しての意見や要望を書いた用紙を、ボックスに入れてもらっています。全ての要望に応えることは難しい場合もありますが、執行部のメンバーや職員で話し合い、棟集会の場で返答しています。

     
【集 会】
 
2か月に1回集会を行っています。行事の確認や誕生者の紹介、執行部会で話し合ったこと、諸連絡などを伝えています。
【点 呼】
 
朝、夕の1日2回、役員が各部屋リーダーから人員確認と健康状態の報告を受け、職員に伝えています。
 みんなが元気に寄宿舎生活を過ごしているのかを確認することも、役員の大切な仕事です。
 
【ボランティア活動】
 
学校周辺の清掃活動や近隣のデイサービス施設に出向いて、掃除のお手伝いをしています。感謝される体験を通しながら、地域とのつながりを大切にしています。
         
【夜廻り隊】
 
学校の生徒会役員と自治会役員が中心となり行います。
拍子木を叩きながら、学校近隣地域を廻り、お知らせの配布や地域の防災・防犯の注意喚起を呼びかけています。
 
 
【あいさつ活動】
 毎月テーマを決めて、あいさつ活動を行っています。あいさつキャンペーンでは、がんばっている人に投票し、集会で表彰しています。元気なあいさつが寄宿舎中に響き渡り、気持ちのよい生活を送っています。
 
TOP